ジャポニカ・セレクションがどこよりも安い♪

ただ!説明が分かりやすいので!習っていなくても!理解はできるようです。ある意味テクニック的なものとでもいうのでしょうか。お勧めです!題名では10才までに〜となっていますが、円の面積や角度についても記載されているので、図形の総まとめとして小6になったばかりの息子が読んでいます。

いまオススメの商品!

2018年01月08日 ランキング上位商品↑

ジャポニカ・セレクション10才までに身につけたい算数センス(図形編) 楽しみながら思考力を伸ばす! (きっずジャポニカ・セレクション) [ 朝倉仁 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

学校では絶対に教えてはくれません。薄いですが、それだけエッセンスのぎゅっと詰まった本です。これを一冊読み通して完全に理解できれば!どんな図形問題もかなり解けるのではと思います。「Qちゃん先生の子育てのヒント」に中身の画像や詳細を載せています。3年生の子どもに購入しました。買って子供に渡すだけでは食いついてこないと思いますが!親が読んであげる形だと楽しそうです。新小4の息子のために購入しました。数と計算編と共にドリルも購入しました。塾の講師をしているので!学校の教科書に沿った指導で理解できなかった子への!別の説明の方法として!参考にすることがあります。5年生の息子に!公文に通う息子は計算は得意だけど!図形は全く理解していない様子。子供も興味を持ったようです。4年生の息子が図形が苦手というので!基礎レベルから始めようと思い購入しました。例題は弟が先にといて兄は答えが違ったら解説するという形にしています。親が見ても感心する内容もあり!頭の柔らかい人はこう考えていたのか・・・と勉強になります。とりあえず約分の考え方を早速子どもに披露したら、すんなり分かってくれて嬉しかったです。。参考書のようなものです。塾に行く前にこのあたりをマスターしておけば!塾に行った時に楽なのでは????と思います。全体には!数と計算よりは易しいと思いましたが!やはり子ども1人では読んでも理解出来ないと思います。子どもに質問されても、分かりやすく答えるのが難しくて本を買いました。親子で一緒にやるテキストだと思います。数と計算のくふう編セットも購入したので、計4冊持っています。大人に対しても読み物としておもしろいです。図形の基礎が丁寧に書かれています。塾である程度習った5年生なら!できるかもしれません。中学受験塾に通うことになる新四年の息子に、質問されても分かるように親が読んでみました。フリーページ(画面左側)の「算数力を育てる」という項目リストをご覧ください。小学校低学年の子供用にと購入したのですが、掛け算をまだ習っていなので、時期が早かったかと思います。11才と8才の息子に私が読み聞かせてますがノリノリで「読んで、読んで」とせがんできます。学校ではここまでは教えてはくれないとも思います。おもしろいようで、「へえ〜!!なるほど!!」などと、声を大きくあげながら熟読します。10歳は過ぎていますが!少しでも助けになればと思い!!!数か月後が楽しみです。問題量が少ないので、一緒にドリルも購入しました。わかりやすく説明が書いてあるので役に立ちそうです。こういう教え方をすれば良かったんだなと親の私も思いました。普通学校では教えてもらえないですね。ただ、当の本人は今のところチラチラ見てはいますが、じっくり読む気にはなっていないようです。早速使ってみましたが!とっても読みやすかったです。面積や体積を求めたり、展開図を理解したりなど、図で丁寧に説明してあるので、副読本として分かりやすいと思います。大人が読んでも感心することがあります。内容はとても面白いものです。同じ朝倉先生のプリ具付きの「円」「面積」「体積」の各プリントも同時に購入したのですが、内容がダブっているところも多いので、まずはこの算数センス図形編とドリルで理解を深めてから、プリ具付きのプリントで演習の数をこなすといった感じでしょうか。他にも計算などのシリーズを出版して欲しいくらいです。公式は知っているけれど!どうしてそうなるかとか忘れてました・・・。算数の計算は好きで速いのですが!図形のセンスが全くない息子をなんとかしたくて購入。文字が大きく、絵や図がたくさんあり(図形編だから当たり前ですが)、空白も多めなので、文をたくさん読むことも苦手な息子にはいいかなと思いました。子どもにテキストだけ渡して!「やりなさい」という使い方は無理そう。わかり易く書かれているので、抵抗が無いようです。後半は難しいけど、こういう解き方があるんだ!と目から鱗でした。繰り返し使います。「10才までに」となっていますが、学校では、4年生以降に学習する内容だと思います。ああ、なるほど、、、、と思う点が何箇所もありました。今3年生の子供に渡すと、うんうんと納得して読んでいました。算数好きのお子さんなら、読み物としても楽しめる内容ではないかと思います。算数が苦手な子供の為に購入しました。これを読みこなしてから、シリーズのドリルへすすむとよいでしょう。